ルノーメガーヌGTライン試乗レポート

ルノーメガーヌGTラインです。 デザインが新しくなってさらにスポーティー性がましたという一台です。

今回はマイナーチェンジという位置づけなんですけども 顔ががらりと変わりました。 これが出たことで先代のメガーヌはちょっと地味かなぁという 印象だったんですけれども最新のルノー顔になりました。

ルノーメガーヌGTライン試乗レポート

ローレンスバーンアッカーさんというルーテシアのコンセプトカー「デジール」 デザインされた方が作った顔になります。 特徴的なのはをルノーのひし形のマークが大きくなって 斜めに配置されたり横の帯を太さを変えたり、 形を変えて展開していくのです。

キリッとした目が大きくかっこよく可愛いといった顔になっています。

今回デザインとともにパワートレインも変更になりました。 1.2リッターのターボエンジンに6速のデュアルクラッチトランスミッション クラッチペダルのないオートマ免許だけでも乗ることができるタイプの マニュアルトランスミッションですね。

このエンジンはルーテシア、キャプチャー、カングーにも搭載されています。

今回このエンジンに変わったことで良くなった事は 最高出力の発生ポイントが500回転低くなったことで より燃費的にも良いですし、静粛性も高まりました。

ロングドライブも非常に快適に行けるようになりました。 そしてデュアルクラッチトランスミッションなので、 非常にダイレクト感があります。

Sponsored Link

例えば高速道路の中間加速とかそういった時に非常にレスポンス良く 加してくれます。 中間加速を試してみても6速のデュアルクラッチトランスミッション ベースがマニュアルということでダイレクト感がとてもいいです。

こういったスピードが上がったり下がったりといったところは 非常に快適にこなしてくれます。

ルノーのラインナップはまずはレーシングカーその次にRSそしてGT その後がGTラインということでスポーティー性能とオシャレポイントを うまくマッチさせた車になってるんですけれども、 このGTラインの足回りはルノースポールが開発しています。

そういったわけでスポーティーでありながら、しなやかさ乗り心地の車で、ロングツーリングをこなした時の高速道路のつなぎ目を乗り越えた時の、乗り心地がガツガツしたから突き上げて堅いという事はないです。

インテリアもスポーティーですね。 インパネのところにカーボン調のパネルが貼られて下に赤いラインが 描かれていてそこにGTラインというロゴが入っています。

非常にシンプルながらスポーティーテイストにまとめられています。

シートもGTライン専用のものが取り付けられています。 本国ではルノースポールに採用されているものがついてるので ホールド感はかなりいいですね。

なのでワインディングにいった時もきちんと体をホールドしてくれます。 今回ハッチバック他にこのカテゴリでは少なくなりました、 ワゴンモデル「エステート」という名前がついていますけれども こちらもご用意されています。

荷物をたくさん積んで遠くへ出かけたいようなんていう使い方には ピッタリです。 こちらをチョイスするのもまた新しいライフスタイルが広がっていいですね。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ