フィアット500アバルトの試乗レポート

フィアット500アバルトの試乗レポートです。

特徴はツーペダルのマニュアルが組み合わされてことです。スピードメーターとタコメーターが1つにまとめられていて大変見にくいです。

フィアット500アバルトの試乗

かっこよさのために機能性を捨ててしまうのは、イタリアならではなのでしょうか。そこは少し残念な気がします。

2速で、峠を走っていますが、エンジン音は、静かでも、あまり美しい音色でもないと思うんですが、 なぜかフィアットエンジンは、もっと踏んでくださいと訴えてくるような感じがします。

Sponsored Link

ついついドライバーもその気になってshift upしないで踏んでちゃうところがあります。

昔からamberスタブルと言われていますが、壊れたり調子が悪くなったり、しそうな気がしないんですね。さすが、峠道で鍛えられた1つの味だろうと思います。

味といえばこの足回りもそうですよね。スポーツチューンしたアバルトなのですが、それなりに固いですがゴツゴツ突き上げる感じはしないです。素足で路面を確認しているようなフィーリングがドライバーに伝わってきます。

ふんばりも、かちんと硬いのではないんです。人間の足で言うと足首のバネとか、ふくらはぎの筋肉とか、そういうもののたくましさで、しっかりと踏ん張っていく感じです。

車の剛性感もボディーがかっちりしてるわけではないです。一つ一つ取っていくと普通の車なんです。

なのに1台にまとめて峠を走ってみると、びしっとまとまってくるんです。全体が統一が取れてるといいますが、生き物みたいな感覚が他の車には無い所です。

こういうフィーリングに馴染んでしまうと、フィアットのファンとかアルファロメオのファンとか、ランチアのファンとか、みんないったんはまったら抜けられなくなってるのが分かりますよね。

そして昔のようにイタリア車はよく壊れたということが無くなりましたから、アバルトチンクエチェントもアバルトという名前なのに通勤にも使えて、郊外に運転を楽しみに出かけることもできる生活の最良の友達だと思います。

楽しさって理屈抜きじゃないですか。この車も走れば走るほど、不機嫌ささえ直るビタミン剤じゃないかと思います。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ