ポルシェの4ドアサルーンパナメーラの試乗レポート

ポルシェの4ドアサルーンパナメーラの試乗レポートです。

今回のマイナーチェンジの特徴は、2つあります。 1つは、ラグジュアリーセグメントで初めてのプラグインハイブリットグレードができたことです。従来よりも、電気モーターの役割を増やして、 カタログ上は36キロ走ることになっています。

ポルシェの4ドアサルーンパナメーラの試乗レポート

あともう1つは売れ線になるであろうS、4Sというグレードの従来4.8リッターのv8エンジンだったものが、ついにダウンサイジングされました。 3リッターのv8ツインターボになりました。それが大きな2つの変更点です。

もう1つ加えるならロングホイールベース仕様が出たということです。

Sponsored Link

今回試乗しているのは4sです。とにかく気持ちのいいグランツーリスモです。しかも燃費が良くて高速燃費は、10から11 kmは確実に出ます。この手の大型スポーツラグジュアリーカーとしては異例の良さといってもいいと思います。

やっぱりパナメーラの特徴は、乗るときちっと小さくまとまってることです。確かにボディーサイズがでかいです。

そんなうすらでかいポルシェなんかいるかと、ポルシェである理由がないんじゃないか、ということをよくききますが、でも触っていただくと、これだったら乗りたいなと思うはずです。実際乗ってみるとポルシェらしい走りです。

9 11みたいな走りかというとそういうわけじゃないです。

何をもってポルシェらしい走りかというと、パナメーラの場合はこういう大型サルーンであっても、一体感のあるドライブフィールをちゃんと出せていることです。

これを持って、スポーツカーブランドであるポルシェのサルーンなんだなーというわけです。

人を乗せることが多いという方で、車好きだと言うのであればこの車はいいと思います。パナメーラのマイナーチェンジの最大のポイントがプラグインハイブリットではありますが、それ以外のモデルも着実に進歩しています。

究極のグランドツーリングカーでもあります。先入観持たずに、いちどさわってみてはいかがでしょうか。

試乗動画説明

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ