メルセデスベンツAクラス試乗レポート

メルセデスベンツAクラス試乗レポートです。

正直、僕も最初見た時はあまり期待していなかったですね。どうしてかというと、ボンネットなんか見てもあまりベンツらしくないんですよ。

メルセデスベンツAクラス試乗レポート

例えばボンネット上げ下げするときにダンパーがついていないとかですね、それとボンネットの内側に吸音材がついていないとか、ボンネットのキャプチャーが日本車みたいで、ベンツも結構コストダウンしてるんだなぁと思いました。

しかし走り出してみると悔しいけど、やっぱりよくできてるなぁと思います。

何がよくできてるかというと、ショックアブソーバーがよく動いていますよね。日本車はショックアブソーバーにお金をかけないので、どうしても車の動きがピョコピョコしているんですよね。

日本車の乗り心地は安っぽいとか、輸入車は少し動いただけで良さが分かるといます。これはショックアブソーバーにお金をかけているかいないかで、ドイツ車らしいいいショックアブソーバーを使っているので、まず乗り心地はいいです。

2つ目はミッションですね。このAクラスはツインミッションというタイムラグがない、新しいタイプのミッションなんですけれども、これがものすごくなめらかに仕上がっています。シフトショックがわかんないくらいです。

やっぱりそういう意味では、ぱっと見た感じでは安っぽく思わせるだけれども、乗ってみるときっちりと、ツボが押さえてあって多分相当車にうるさい人でも、やられたなぁという感じがあると思います。私もはっきり言って期待してたよりも、はるかに上の乗り心地、質感ですね。

Sponsored Link

エンジンは1.6リッターのターボエンジンです。直噴のヨーロッパでは今一番多いタイプです。

アクセルを踏むとほんのちょっとタイムラグはあるんですけれども、 十分パワフルで、今までのガソリン車のイメージで言うと、 2,500 ccくらいのトルク感がありますね。Aクラスのボディーにしては必要にして十分なパワーですね。

ツインクラッチなので、非常に低い回転数を使ってるし、ターボラグもないですね。私が最初見てちょっとなぁと思ったのがデザインですね。

これは好き嫌いの問題なので、お前のセンスが悪いと言われちゃえばそれまでなんですけれども、なんかちょっとうるさすぎるんですよね。ボディーのラインがごちゃごちゃしてて。それとリアのルーフのラインが丸くなっていて、そこは好き嫌いが分かれると思います。

全体的にも少し無理をしすぎていて、デザインを詰め込んでいるかなぁという感じですね。

それで乗ってみると、やられたなという感じがします。ですからこのAクラスに乗ってみて本当にショックアブソーバーってこういうのだなぁと思いますね。いちど乗って味わってほしいなぁと思います。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ