BMWi8試乗インプレッション動画

BMWi8試乗インプレッションです。コンセプトモデルがそのまま市販化されたようなモデルですね。

まずは走りがどうのこうのと言うよりも前にお伝えしたいことがあります。ウィング状のドアが開くためには車から70センチのスペースが必要です。 60センチだったら、少し窮屈だけど降りられるかなと思ったら降りられないです。足が抜けないですね。こういった不便さがあります。

そういったコンセプトモデルで、そのまま市販化され、不便なのに何を得ているかというと、かっこよさだと思います。やっぱり未来感抜群ですね。

BMWi8試乗インプレッション

外装なんですけども、しずく型後ろがキューとボディーが絞られてるんです。そこに後ろタイヤがボコボコとついて、そこをフェンダーで囲んでいるので、こういうデザインになっております。

このしずく型というのが空力的にとてもよくて、上から流れる空気、したから流れる空気、左右から流れる空気で車を、どしっと安定させることができます。さらには燃費を稼ぐこともできます。空力の申し子のような理想追求した形になっています。

そして何よりも静かに走り出すというEV特性は、日本車の得意分野だったと思うんですけれども、とても新鮮です。

しかも日常の街中の速度であれば、何の不自由もなく力強く加速するし、ストレスもないですね。

乗り心地も特徴的ですね。乗り心地が良いというと突き上げ感が少ないという発想になるかもしれませんが、突き上げ感そのもので言うと、車が相当軽いので1,5トンですけれども、全体的に突き上げはあります。

ですけれどもそのときの角はないですね。後はしっかりとダンパーが動くのでしっかり吸収してくれてかとがなくて丸みがあるそういう乗り心地です。しかもその後振動がすぐに収束するので、結構すっきりとした乗り味があります。

運転の操作性ですけれども、実用性の観点から言うと、外野見た目からは考えられないほどのある意味普通の車です。

特別車高が低いわけでもないので段差を気にする必要もないです。操作性もごくごく普通です。BMWの延長線上にあるというのがわかります。

パワートレインなんですけれども、スタートは基本的にはモーターを使っていきます。バッテリーが豊富な時は65キロぐらいまではモーターで積極的に走れるそういう味付けがなされています。

その後のエンジンの介入した時の仕方がすごくスムーズです。加速したいと思ってアクセル踏んだ時の加速は、エンジンも力も使いますけれども、その切り替えもすごくスムーズです。

スポーツ戻るすると強制的に1、5リッター3気筒の後方に積まれているエンジンが、すぐに始動しだします。たえず始動してる状態なります。今までのハイパフォーマンスカーの速さとか加速とかちょっと質が違うと思います。

どう違うかというと、まず軽いボディーをモーターの力と回転トルクが豊富な直噴ターボの力で、どんと出すときの加速の鋭さ、ちょっとほっとするような感覚をありますね。鋭いんです。最初の出だしがドンという感じです。

この車に乗った後に他の車に乗るとアクセルを踏んでから加速するまでにすごくタイムラグを感じます。レーシング用語だとエンジンのつきがよくないというんですけども、そういうのを感じちゃいます。そのくらいこの車の加速は鋭いです。

しかし鋭い中にもマイルドさ思っているので扱いやすいんです。 0から100の加速が4.4秒で加速します。

Sponsored Link

こういうのを言うと馬力がすごいじゃないかと思われるかもしれませんが、馬力はそんなにないです。エンジンは231馬力でリアタイヤを駆動します。フロントにはモーターがあり131馬力でフロントタイヤを駆動します。馬力だけ聞いてもそのままアドオンしても360馬力ぐらいです。それで言うとそんなに早いなぁという感じはイメージとしてはないでしょうけど、やっぱり軽さですね。軽いというのはすごく大きな武器になるということです。

もう一つはトルクを見ていた方がいいですね今後は。ディーゼルがあれだけ力強く加速するのも、トルクが豊富だからです。そのトルクでいうと320ニュートンで、自然吸気エンジンでいうと3リッタークラスのエンジンです。

モーターは250ニュートンです。これは2.5リッタークラスのエンジンという事なります。中回転のトルクが1番太いところで出すモーターとエンジンを積んでいますので、トルクで換算すると非常に大きな排気量のパワートレインを積んでいるようなものです。あとやはり走れば走るほど、シャーシレスポンスの良さというのが、特徴としてあげたいですね。

先ほど言っていた、アクセルを踏んだ瞬間に、車が瞬間移動するかのような加速する、そういった特性もある意味、シャーシレスポンスだと思います。

アクセル踏んだときに加速という効果がすぐにパッと出る言い換えればハンドルを切ったときにハンドルを切ったという効果がパッと出る、ハンドルを切ったときにしゃきっと鋭く曲がりピタッと決まるのが、i8の凄さではないかと思います。

フレーム部分にアルミを使っていますけれども、上屋を全部カーボンにしてめちゃくちゃ低重心なので、レーシングカーよりも低重心ではないかとというくらい、上屋が軽い効果というのが明確に出ています。

最後に何よりも伝えたいのはこの気持ちよさですね。加速が本当にいいですね。

音もすごいです。この音は3気筒ですけれども直列6気筒の加速をイメージしてサウンドチューニングされています。外に向けてスピーカーで音出しています。耳で直接聞くと直列6気筒というよりも、V型8気筒のような音がしています。

作り出した音だからこそ刺激的に感じるのは当然だと思います。乗ってる人をみんな心地よく気持ちよく興奮させようというために作ってる音なので、その策にまんまとはまっております。

これは皮切りですね。BMWとしてももっともっとiブランドを、出していくんだと思います。

そこに向けてi8は、切り込み隊長でありBMWがもっともっとスポーツを出していくぞと言う、メッセージがあるかと思います。その完成度は思いのほか高いですし、将来も運転の楽しさがずっと続くんだなぁというのを再認識させられます。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ