プジョー508の試乗インプレッション

プジョー508の試乗インプレッションです。

プジョーのフラッグシップモデルになりますが、ドアを閉めた時のサウンドが剛性感があって質感の高さを感じます。エンジンをスタートした時もほとんど音がなくエンジンがかかります。

プジョー508の試乗インプレッション

そしてダッシュボードの上のほうにヘッドアップディスプレイがすっとでてきます。黒いパネルに白い文字ではっきりと映っていて、見やすくかっこいいです。加速発進が力強いですね。 ちょっと踏んだだけでぐっと立ち上がってくれます。

1,500回転から3,500回転でマックスのトルクが出ている、今ヨーロッパで1番旬なエンジンです。

ダウンサイジング1.6リッターターボチャージで、コモンレールの直噴エンジンになっています。6,000回転ぐらい回っていてもエンジンが静かでを非常にスムーズです。 1.6リッター4気筒エンジンは、大変したからのトルクがあります。

1番の特徴は発進してからのすぐのトルク感です。 1,500回転から3500回転でフラットな最高トルクを出してしまうので可能になります。これは最近のダウンサイジングエンジンの特徴になっています。

Sponsored Link

直噴エンジンとターボチャージで燃費が良くて力持ちという特性を持っています。路面が荒れたところでも乗り心地はいいです。タイヤは17インチを履いてるのですが、それにしては大変マイルドで心地の良い乗り心地感です。コーナリングをしていてもコーナーの挙動もいいです。

サスペンションは従来のダブルウィッシュボーンからストラットになってしまったんですが、全く不満はありません。

ハンドルを切っていくとある舵角、ちょっと深く切り込んだあたりから、すーっととしっかりと入っていてくれます。この辺がとてもいい感じです。ドライバーの完成に非常にマッチしている、けしてキーピー感はありません。

今乗っているのはプジョー508SWのグリフという上級グレードですが、このグレードには17インチタイヤが履かされています。

セダンのアリュールの方が16インチタイヤは履いています。ちょっとおとなしいかなぁという感じなわけですけれども、基本的に操縦性は似ています。 1口でいえば、ドライバーの感性にマッチしている、リラックスして乗れるそんな感じがいたします。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ