BMWM3クーペコンペテション試乗レポート

BMWM3クーペコンペテション試乗レポートです。

非常に低速でも気持ちよさが伝わってきますね。スポーツカーの本来あるべき姿、速度を問わずに、楽しさ気持ちよさを伝えてくるという所で非常に優れてるなと感じます。

M3をといえば前後重量配分が理想的な50対50ということですけれども、実際走らせてみたところにはっきり表れているなぁという気がします。

BMWM3クーペコンペテション試乗レポート

ウエットなコンディションでもバランスの良さが光っていて路面とのコンタクト感、タイヤの向きとか本人グリップ感とか素直に伝わってくるあたりが、通常の良さというのも架今見られると思います。

BMWM3クーペコンペテションはM3が登場してからしばらく経ってから登場してだけあって洗練された印象があります。コンペテションと言う名前から想像できないほど、サスペンションがしなやかに動いて普通のサルーンと比べてもコンフォートな印象を受けます。

聞くところによるとクーペコンペティションの場合は 。EDCエレクトリックダンパーコントロールがスポーツモードに入ってる時に、専用チューンがなされているということなので、クローズドコースなので攻め込んだときに相当の気持ち良いボディーの動きコントロール感そういったところが実現されてるのではないかと想像できます。

非常にエンジンのサウンドが気持ちですし、V8にもかかわらず、高回転までよどみなく湧き上がってくるとともに、聞かせる演出も施されています。

Sponsored Link

エンジンとしての魅力が存分に繋がってるなぁという気がします。

さらにその上に前後重量配分の良さそしてボディーのしっかり感、 BMWの気持ちよさというのは、どこか一部分というわけではなく、全体のバランスで車が気持ちいいという感じがあるんですけれども、M3の場合はそれをさらに1段も2段も磨きあげたような、気持ちよさなので操舵の1つ1つに精度の高さを感じます。

いちばん感心しているのはスロットルとエンジンのリンケージの仕方です。

ワイヤーでエンジンとアクセルペダルが繋がってるわけではないんですけれども、まるでワイヤーにつながってエンジンがしっかり右足と繋がってるような感触を受けます。

取り回しをしやすいボディサイズも、操る楽しさを高めているポイントの1つではないかと思います。

M3は乗るたびに、走りの教科書、FRの教科書みたいな事を感じさせる車です。車がしっかりセオリー通りできてるからこそドライビングの教科書になるFRの教科書になるさらに、個々ものが非常に研ぎ澄まされてるからこそ、至上の喜びを味わうことができるそんな車になってると思います。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ