プジョー208 GTI試乗インプレッション

プジョー208 GTIの試乗インプレッションです。伝説のプジョー205の再来と言われている208 GTIです。

搭載されているエンジンは1.6リッターの直噴ターボエンジンです。これが200馬力を発生しているというスペックです。 208の車両重量は1,200 kgですから、パワーウエイトレシオは6/PSということで言い数字になってのではないかと思います。

プジョー208 GTI試乗インプレッション

走り出すとエンジンは走りやすいなぁと思います。6速で60キロメートルぐらいだとエンジン回転は1,200回転ぐらいです。そこからアクセル踏んでもきちんと反応するだけのトルクが出ています。

フロントマスクはグリルの下に赤いバーが入っているのがGTIの証です。さらにサイドにスカートが与えられているのと、リアに大きなスポイラーがついています。インテリアは赤と黒を基調としたインテリアになっています。

ナビの下のピアノブラックからレッドにグラデーションしているパネルが好印象です。ドアノブにも同じような装飾が施されています。インパネの全面のところにレザーが貼ってあって赤いステッチが貼ってあります。メーターの周りにも赤いLEDが備わっています。

208の走りはすごく洗練されています。フラットな印象でしなやかな感じが伝わってきます。段差とか路面の荒れたところでは少し揺られるような感触があるんですけども、ホットハッチとしてはかなり乗り心地のいい車に仕上がっているなぁと思います。シャーシーはやはりプジョーだなと感じますね。

街中を走ってるときでもキビキビとして楽しいというのは存分に分かるんですけども、なんといってもワインディングで走ると、本当に気持ちのいい乗り心地のハンドリングが構築されているなと感じます。

Sponsored Link

日本の車だとFF車は、ハンドリングがよくないのは多いのですが、ヨーロッパ車はこの辺が上手です。ホットハッチとしての乗り心地の良さこれは間違いなしですね。誰もが楽しめる車に仕上がってると言う風に思います。

価格も299万円と300万円を切りました。この手の車としては頑張ったではないかと言う風に思います。ライバルのドイツのホットハッチに比べると208というのは非常に軽快なハンドリングと乗り味というところが魅力になってるのではないかなぁという風に思います。

欲を言えば安全策ですね。ドイツ製を含め日本車もそうなんですけれども、自動ブレーキなどを標準で装備してる車も増えていますので、 。この辺があれば本当にパーフェクトのないかなぁという風に思います。

とは言えこういうキャラクターですから自分自身で積極的に運転するモデルなので、いまのところ添え物必要ないと割り切るならば299万円とこの性能と見栄え、他には無い個性を考えると非常にリーズナブルな車になってると思います。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ