プジョー208試乗レポート動画

プジョー208試乗レポート動画です。 208はいわゆるBセグメントというクラスに属しています。

このBセグメントはヨーロッパで大激戦区のクラスです。

プジョー208試乗レポート

207の後継モデルとして登場したのが208です。プジョーはRe generation生まれ変わる事をコンセプトに掲げまして,従来にない全く新しい価値観で車を作ったということです。

一目見てフロントマスクのデザインが一新されてることがわかります。プレミアムとラグジュアリーバージョンのシエロの2つに乗ってみたいと思います。

プジョーの言うまったく新しい価値観というのはどんなところに反映されてるのかが楽しみです。208のシエロですけれども、まず運転席に座った時点でインパネ周りの景色が明らかに違います。

Sponsored Link

ステアリングの上からメーター類を見るレイアウトになっています。斬新で面白い今までにないない景色です。何がいいのかというとこのレイアウトの利点は目線の移動が少ないことです。

先を見ながら運転していて、目線をほとんど動かすことなくメーターを読むことができます。視認性は良くて安全性も高いですね。もちろんドライビングポジションも理想的な位置に取れるように考えられています。

シートの乗り心地がすごくいいですね。 コンパクトカーってシートもコンパクトなのが多いですが、座った瞬間に厚みを感じます。そしてサポートがいいです。

シートにこだわるプジョーならではの走りの機敏さがシートの形状からも感じられます。この車は1.6リッターに4速オートマチックを搭載しています。この辺は従来と同じなんですけども、通常モデルチェンジのたびに大きくなってしまうのが最近の傾向ですが、 208は207に比べてボディサイズがコンパクトになっています。

ホイールベースは変わらないんですが全長で85 mm短くなっています。幅で10 mm207比べてコンパクトになっています。リアシートの広さも問題ありません。ボディサイズはコンパクトになってても室内の広さは十分に確保されています。

ボディーが小さくなったと同時に大きな特徴がボディーの軽量化です。なんと207に対して100 kg軽くなっています。

実際走ってみると軽さを感じられます。特に発進時の軽やかな加速感が気持ちいいです。走り味や室内の雰囲気が新しいプジョーだと実感します。走りも剛性感が上がっていてものすごくしっかりした印象です。

プジョーは猫足と言われるしなやかな走りという特徴がありますが、 208は今までの猫足とはかなり違っています。

けれども最終的なしなやかさ、いなし感はちゃんと残っているというのが、ドイツ車でもなくイタリア車でもないしプジョーらしさというのが残っています。プジョーは言う新しい価値観の車という意味がよく解りました。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ