BMWアクティブハイブリット3試乗レポート動画

BMWのアクティブハイブリット3の試乗レポートです。 BMWには7シリーズ6シリーズ5シリーズにハイブリットモデルがあったんですが、なんと3シリーズにもハイブリットモデルが加わりました。

3シリーズと言えば、 BMWの主流モデルですよね。インテリアのデザインで違うのは、アクティブハイブリットだけ、メーターのところの回転数のところに、アクティブハイブリット専用のデザインが施されています。

BMWアクティブハイブリット3試乗レポート

その他はのハイブリットだからというデザイン的な変更はありません。発進するときにエンジンの音が聞こえる前にふふふふーという音が聞こえたんですけれども、これはEVで走ってるんだなとのが分かります。

車という重いものを動かすときに、アクセルちょっと踏み込むわけですけれども、発進の時のガソリンの消費量って大きいですよね。なのでこういう所でも、ちょこちょことモーターアシストで走ってくれることで相当燃費にきいてくるんじゃないかと思います。

非常にスムーズでパワフルです。スムーズでパワフルっておそらくガソリンの力だけではないんだろうなぁという気がします。

実際に今モーターで、アシストされてなぁというのが、明らかにわかるかというと、そうじゃないんですけども、アクセルを踏み込んだときに、すっとFRなんですけれども、押されるショックがなくて、モーターアシストがうまく合流している感じです。なので、なめらかなんだけれども、力強い加速やトルクを、感じられるというところが驚きです。

Sponsored Link

 

BMWは6気筒のファンが多いと思うんですけども、そういう方が乗っても満足できる密度感、トルクの密度そういうのが感じられるなぁと思います。4気筒でも悪くないよねと思っていたんですけれども、 6気筒になると、やっぱりこのエンジンの走りってBMWらしいよねという感じがあります。

トランクにバッテリーを積んで50対50分と言う重量バランスをハイブリットモデルでも保っています。重さというのがネガになってる部分は全くないですね。

低速ではすごくハンドルが軽くてすいすいとスムーズに走れる感じがするんですが、カーブだったり少し速度が高まってくると、ハンドルがどんどんしっかりしてくる感じがして、軽快感とボディーの重厚感そういったものを、しっかり手元に感じながら、3シリーズを走らせることができます。

このモデルではスポーティーさというのは感じられます。 3リッターのツインターボエンジンに1つのモーターを組み合わせて8速のオートマチックで走らせるというアクティブハイブリットなんですけれども、とにかく走り出しから、それほど強いアクセル踏まなければev走行も可能です。

普通に走ってるときでもコースティングモードというアクセルを緩めてやれば、空走モードでストーンと0回転まで落ちます。さらに街中でも、 EV走行音がアクセルを踏みながらでもできる、というそこかしこで環境性能を感じます。

運転モーターのアシストもあって、もともと3リッターのツインターボのアシストもあるんですけれども、スムーズに伸びていく加速感とかのパワフルさだとか、そういったところに新しい走りというのを実感しました。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ