フォルクスワーゲンザビートル試乗インプレッション

フォルクスワーゲンのザビートルです。 ドイツの国民車構想で作られたのがビートルという車です。

そのクラシックビートルから飛んでニュービートルが誕生し、 今回フルモデルチェンジで3代目のザビートルが誕生しました。 先代より大人っぽくなったなぁという印象です。

フォルムは初代ビートルから受け継がれるカブトムシをイメージさせる 丸いフォルムです。

フォルクスワーゲンザビートル試乗インプレッション

 

ボンネットの形状やフェンダーの張り出しなど、 オリジナルビートルのデザインを随所に受け継いでいます。 レトロな円形のヘッドランプですが中身は最新の、 バイキセノンバルブやLEDポジションランプを装備しています。

後ろ姿はまさにビートルといった感じで安定した走りを予感させます。 見る人思わず笑顔にさせる車ですね。

エンジンはゴルフに採用されて定評を得ている1.2リッターの TSIエンジンを搭載しています。 最新の技術で1.2リッターとは思えないパワフル走りを提供します。

乗員を包み込むボディーカラー同色のパネルが、 乗り込むために新鮮な気持ちにさせます。 さらにDSGをトランスミッションが、レーシングドライバー並の シフトチェンジを可能にします。 スピードメーターは260 kmまで刻まれています。

Sponsored Link

 

十分なラゲージスペースで、もちろん後部座席は分割可倒式です。 インテリアの1番の特徴はボディーカラーと同色のオーナメントです。 ユーティリティーの最大の特徴といえば、 助手席の前にあるビートルボックスです。上向きに開くコンソールboxなんですけれども、 これはクラシックビートルからのオマージュなんですね。

シートもカジュアルな中にもしっかりとした上質感を演出しています。 リアシートは先代のニュービートルよりは少し広くなった印象です。 オトナ2名が十分座れるスペースが確保されています。 またレトロな吊革がついています。 ベースとなってる車はゴルフ6です。 リアの足回りは北米仕様のジェッタから流用しています。

非常に低回転域から力強いトルク、そして気持ちよく伸びるパワー、 これらをスムーズに出せるパワートレインになっています。 高速道路でのクルージング走行でも全くストレスを感じません。

やはりドイツにはアウトバーンというを速度無制限の高速道路があるので、 200キロを超えるような足だけでもきちんと走ることができる性能が、 見た目は可愛いビートルにもきちんと盛り込まれています。

ザビートルは乗った瞬間からタイヤの位置などの車両感覚がつかみやすいです。 このようにデザインに凝った車では癖があって、 運転に慣れるのに時間がかかる場合がありますが、 そういったところが全くないというのはフォルクスワーゲンらしいと言う 優しさに満ちた車でした。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ