フォルクスワーゲンゴルフ7ハインライン試乗レポート動画

フォルクスワーゲンのゴルフ7ハインラインです。 すでに座っただけで、これはきていると言う感じですね。

エンジンをかけてないこの瞬間から素晴らしさがひしひしと 伝わってきます。 スタイリングなんですけどもシンプルながら存在感のある 秀逸なデザインが展開されています。

 フォルクスワーゲンゴルフ7ハインライン試乗レポート

サイトのキャラクターラインなんかはクリスプの利いた表現になっていますし、 この辺が工業製品としての質の高さを物語っていると思います。 室内なんですけれどもやはり相変わらずの作り込み方ですね。 一つ一つのパーツを見ても分かるように、 非常にきめ細やかな、造作がなされていて、クオリティー感が著しく高いのが、 特徴です。

これはゴルフ6あたりからそうなんですけども、 ゴルフ7ではそれをさらに極めた感があると言えるのではないでしょうか。

シートのですけれども上級モデルでは真ん中が、 アルカンターラデザインなってて 白いステッチが入るなどスポーティーな装いを見せています。 そしてもちろんシートは坐り心地が良いですし 体がすっと収まるような感覚が相変わらずあります。

リアの室内空間もしっかりと捉えていて ヘッドレストももちろん3つありますし、 リアのセンターにも3点式のシートベルトが備えられています。 リアシートに座っていても、前席との間隔はちゃんとあります。

パッケージングを突き詰めた車だと言えると思います。 ラゲッジなんですけれども、十分にスペースがとられています。 走ってみると騒音や振動などがクラスを超えてますね。 いやーこれはすごいですね。 印象は超なめらかです。

ステアリングフィールもいいですね。 ゴルフ7ハインライン、リアのサスペンションがマルチリンクに なっています。 いわゆるトップモデルということなので、サスペンションも1番 贅沢なものが奢られています。 乗り心地は素晴らしいですね。

1.2リッターモデルはサスペンションが違います。 リアがトーションビームのサスペンションになっています。 1.4リットルに比べると、コストがその分抑えられています。

Sponsored Link

しかしワインディングを走っていても、これで十分だと思わせてくれます。 もうゴルフは大衆車という時代が終わりましたね。 セグメントリーダーなのはもちろんなんですけれども、 自動車のリーダーとも言えるようなクオリティーを持ってますし、 そういったものがちょっと走っただけで存分に感じられるというのが、 本当にすごいことだと思います。

これはまさにすべての自動車の基準を書き換える一台と言って 間違いないと思います。

買う買わないいろいろあると思いますけども、車興味ある人車好きな人であれば 是非1度は乗ってみるのがいいのではないかと思います。 それほど衝撃的な作品です。 いやーゴルフセブンすごかったー。 これは日本の自動車メーカーの方に是非まっさきに 乗ってただきたいと思います。

いろいろと考えるところがあるのじゃないかとそんなふうに思います。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ