フォルクスワーゲンポロGTI試乗動画レポート

フォルクスワーゲンポロGTIです。 ポロには4つのグレードがあると思ってください。 ポロコンフォートライン、ポロハインライン、クロスポロ、ポロGTIです。

これら4つの中でこのGTIがどんな特徴持ってるかというと、 簡単です、走りをとことん突き詰めたスポーティーグレード その象徴としてこのGTIというのがあります。

フォルクスワーゲンポロGTI試乗動画レポート

ボディサイズでいうと全長は3,995mmで4メートルきっています。 そして全幅は1,685 mmで1.7メートルを切っています。 そして全高は1,460 mmです。 非常に街中を走りやすいようなサイズになっています。

このポロは登場以来エンジンが、ころころ変わってるんですよね。 登場した時は1.4リッターのモデルが多かったんですけども、 今では1.2リットルのターボ武装をしたモデルになっています。 そして唯一このGTIだけが1.4リッターの ツインチャージャーを搭載しています。

このように聞くとポロに詳しい方は、 先代のポロGTIは1.8リッターだったことを思い出すとおもいます。 それに今のGTIは1.4リットターなので なんでスポーツブレードを高めるのに1.4リットルに排気量を 小さくしちゃったのと思われる方がいらっしゃると思うのですけれども、 ご安心ください。 排気量は小さくなってるんですけれども、 馬力もトルクもどんと高まっています。

そしてその要になるのがターボとスーパーチャージャーという、 2つの加給気で武装してるんです。

Sponsored Link

それによって最大トルクは250ニュートンを出しています。 自然吸気エンジンに直せば2.5リットルクラスの トルクを持っているということができます。 しかもそれを2,000回転から4,500回転で発生する ということで、日常使用領域をカバーしているということですね。 てさらにこのGTI特徴があります。

ポロのGTIとしては初めてDSGを採用しています。 DSGとはフォルクスワーゲンがいち早く投入したトランスミッションです。 エンジンで発生した力をロスなくタイヤに伝えようという 伝達効率が優れたトランスミッションになっています。

それで燃費がを非常に高まっています。 10.15モード燃費で16.6 kmを叩き出しています。 これを先代の1.8リッターと比べると26%もUPしてるんです。 それでいて29馬力アップしてます。 このように燃費も出力も両方高めることに成功しています。 でこのGTIなんですけども、外観は見たとおり普通のポロとはちょっと違います。

グリルにしてもハニカムグリルを採用しています。 そしてレッドラインが入ってたりして一味違う攻撃的な顔しています。 さらにフロント周りは専用のエアロパーツを採用しています。

さらにクローム仕上げのテールフィッシャーなんかも違います。 内装にしてもステアリングは専用レザーの3本スポークステアリングホイール のレッドステッチ入りを使っています。 そしてシートも専用のスポーツシートをおごられています。

そして走りを極めるために足回りも強化されています。 17インチのアルミホイールをはいてノーマルよりインチアップしてます。 サスペンションも15 mmダウンするスポーツサスペンションを搭載しています。 お車高が下がることによってカ-ブでの踏ん張りかんとか, 左右のレスポンスの良い動きというの実現しているといえます。

しかしそれによってしたのグレードより50万円、値段が上がっています。

ポロGTI 、街中を走ってみるとポロのなかでスポーツグレードとして、 走りの頂点なんですけれども、ガチガチに固められた足という感じではなくて 足はしなやかに快適な乗り心地を披露しています。

同乗者が載っていても不満なんかもれないだろうなぁというような 走りをしています。 他のハイラインやコンフォートライト比べて乗り心地はどうなの ということなんですけども比べると若干は硬さがあります。 硬さはあるんですけれども、したから突き上げられた時の収束が早いんです。 路面からの衝撃をすーっと吸収します。

街中を走っていると使用する回転数は1,000回転から2,000回転ぐらいですね。 2,000回転回さなくても楽に流れに乗ります。 非常にパワフル力強いです。 低回転トルクが豊富というのは街中の走りやすさを生み出します。

さらにはこれが燃費の良さも生み出すという話です。 高速道路での合流で感じたんですけれども、 低回転から大きなトルクを発生するエンジンって やった走りやすいですよね。 80kmぐらいで巡行しているとほとんどアクセルを踏まないで走ります。

低回転を得意としているエンジンだと言うことが分かります。 これが長距離ドライブを楽にするものですし、 さらには燃費をよくするものですし、高速乗った途端 燃費の数字がどんどん上がります。

高速道路に乗ったときにちょっと気になったのが、 ロードノイズが少し入ってくることです。 スポーツグレードなのでこのロードノイズも刺激として捉えられる方は 気持ちのいい刺激として捉えられると思います。

そしてこの車の魅力として忘れてはならないのがDSGですね。 すごく賢さを感じます。途切れることなく加速していく、 そしてパドルシフトもついていますのでパドルで操作すれば 気持ちよくどんどんワインディングとか走れますよ。

本当にレスポンス良く変速してきますよね。 しかもシフトショックがない。 フォルクスワーゲンはこのツインクラッチをいち早く採用して どんどん洗練させてきましたので、熟成され切ってるという印象があります。 この足回りはよく動きながらも節度感があるというとても感心します。

ハンドルを振っても足回りはよくストロークしているんですけれども ぐらっと動くような感覚がないというかしっかりしてていいですね。 15 mm車高下げたことで路面への貼り付け感が高まっている、 というのが関係していると思いますね。

ロールスピードの適切なのチューニングが安定感ある優れた操作性を 生み出しています。 GTIの走りを体験するとノーマルとの50万円の価格差は 安いんじゃないかという気さえ起きてきます。 ポロは全体的にすべてのグレードがオススメなんですけれども、 GTIは走りに興味ある方であれば迷ったらGTIお勧めです。 非常に商品力は高いと思う車です。

試乗動画説明

  • ズバット車買取

    altタグ

    高額査定を狙うなら文句なしです!!150社以上ものプロの査定業者に最大10社に依頼することが出来、高額査定が見込めます。 CMやラジオでお馴染みのガリバー、カーチス、カーセブンをはじめ地域の有力な中古車査定業者まで、 多くの査定業者が登録しています。しかも、輸入車にも強い! 60万人以上のユーザーを 誇る圧倒的な人気!一押し出来るオススメ一括査定サイトです。

  • かんたん車査定ガイド

    altタグ

    32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかります!参加企業は、約50社とやや少ないものの、有名企業からマイナー企業まで、幅広く登録されています。 高額査定中の車種も、古車ランキングで見ることができます。 該当する愛車を持っている方は要チェック。 概算の買取相場が表示されるので、取り敢えず相場が知りたいと言う方でも気軽に申込みできます。

  • カーセンサー.net簡単ネット査定

    altタグ

    カーセンサーは、リクルートが運営しており、参加企業が500社以上と大変多く信頼感もあります。 地域によっては地元のマイナー業者も参加しており、地元ならではのお得な査定額も!! 入力項目はやや多いものの、修復歴あり、車検切れ、などでも査定可能。査定結果をメールで知らせてくれます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ